かなたの雑感記録

適応障害、妊活、読書、音楽鑑賞、運動などの個人的な雑感を記録しています。

適応障害の症状が再発した話

今回のテーマは適応障害の症状についてです。

 

今週、メンタルクリニックに行きました。

1ヶ月の休職の診断を受けてから

2週間ぶりの通院でした。

 

先週は

すっかり症状が改善していたのですが

旦那さんからは

「年末年始休暇中も

症状が出なくなっていたけど

結局、年明けから再発したんだから

1ヶ月休んだくらいじゃ

再発するに決まっているから

休職の期間を延長する診断書を

もらってきなよ」

と言われていたのですが

今回の診察のタイミングでは

そのような診断はありませんでした。

 

代わりに

認知行動療法をした方がいいだろう

ということで

転院?を勧められました。

恐らく、今のクリニックは

薬物療法しかやってないのだと思います。

 

ただ

勧められた転院先の治療法が

いかにも病人のための治療法

という感じで

嫌な気持ちになりました。

 

私は

仕事のストレスで身体の調子が

悪くなっただけで

“私自身”は病気じゃない

という

(たぶん)認識だったから

嫌な気持ちになったのだと思います。

 

積極的な治療をしなくても

単に

しばらく仕事を休めば

症状も落ち着くでしょ

と思っていたので

不本意でした。

 

本格的な治療をするくらいなら

(自分が病人と認めるくらいなら)

1ヶ月で休職終えて

復職した方がましだよ…

と思い

試しに

会社のパソコンを開いてみました。

ほら…普通にメールも読めるじゃん…

 

 

f:id:kanata_minori:20180302090629j:image

 

 

ところが…

会社のメールボックス

しばらく眺めていたら

同僚に対する申し訳なさが

込み上げてきて

1週間ぶりに

また

発作のようなえずきが

止まらなくなりました。

 

死ぬかと思うくらい

息が詰まって

涙が止まらなくなりました。

 

やばい…と思い

外に出かけて

カフェに入ったりしたら

落ち着きましたが

その後また

帰り道やら

家に着いてからも

発作のようなえずきが止まらなくなり

目からポロポロ涙が止まらなくなりました。

 

正直

情け無いです…

認めたくないですが

私は

やっぱり

病人なのかもしれません。

 

本格的な治療もしたくないですが

やるしかないかもしれません。

 

でも

メールを読んだくらいで

こんなことになるなんて

今の会社に戻るのが

かなり怖くなりました。