かなたの雑感記録~転職後の生活について~

長時間労働と決別するために転職。総合職正社員を続けながら家庭や趣味も充実させて健康的に生活する方法を模索中。

ジョギングを始めました

今回のテーマはジョギングについてです。

 

先日、心療内科にて「適応障害」と診断されて以来

会社を休職中なのですが、仕事を休む前から

ひどい肩こりに苦しんでいました。

 

お医者さん曰く、頭痛やら肩こり、首こりは

適応障害の症状だとのことでしたが

私の個人的な考えでは

「運動不足」も大きく関係しているのではないかと

思っていました。

 

ただ、心理的に疲弊していたので

休日など時間的に運動できる余裕があっても

気持ち的な余裕がなく、ベッドから起き上がれない

という状況が続いていました。

 

ただ今回、

前述した通り、休職することになったので

時間的余裕はもちろん

気持ち的にも余裕ができてきたので

週に何度かジョギングをするようになりました。

 

あまり明るいうちから近所を走るのは

休職中の身というのもあって

周りの目が気になったりと

気が引けるので

夜、暗くなってから

近所のマンションの周りを

ぐるぐると走っています。

 

このジョギングのお供として

活用しているアプリがあります。

 

Runkeeper

Runkeeper- GPS ランニングトラッカー

Runkeeper- GPS ランニングトラッカー

  • FitnessKeeper, Inc.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

このアプリは去年の年始に

思い立ってジョギングしていたときから使っているのですが

なかなか便利で役に立っています。

 

ポイント1

走った軌跡をGPSで追跡して地図上で示してくれる。

f:id:kanata_minori:20180223131656j:plain

 

ポイント2

iPhoneの中に入っている曲の中から

ランダムで適当に音楽を流してくれる。

 

ポイント3

現状、

「時速〇キロです」とか

「1キロあたり〇分です」とか

アナウンスが流れて教えてくれる。

 

ポイント4

走り終わった後に

「今までで一番長い距離を走りました!」

とか

「今までで二番目に早いスピードでした!」

とか教えてくれるので

少しずつ体力がついてきていることが分かって嬉しい。

 

 

私がいいなーと思っている機能は、これくらいですが

本当は、もっといろいろなことができるアプリのようです。

 

masalog.net

 

夜間に走るのは

防犯上、やや不安があるので

走りたくなったら

旦那さんを連れだして

一緒に走ってもらっています。

 

ちなみに

肩こり対策という意味では

ホットヨガも引き続き、週に数回通っています。

平日昼間は、生徒も少なく空いているので

好きな場所に場所取りできるのでいい感じです。