かなたの雑感記録

適応障害、妊活、読書、音楽鑑賞、運動などの個人的な雑感を記録しています。

「不幸せ」のカミングアウト

今回のテーマは、「不幸せ」のカミングアウトについてです。

 

適応障害不妊に悩み、現在休職中のかなたです。

 

今朝は久しぶりに目覚めがよく、すっきり起きられました。

 

昨日は、「幸せ」な報告を受けて

どっぷり落ち込んでいたので、目覚めが良かったことに

ほっと胸をなでおろしました。

 

▼落ち込んだ話はこちら

kanata-minori.hatenablog.com

 

 

 

しかし、その後、

不必要な「思考実験」をしてしまったせいで

自分で自分を追い込んでしまい、結局、ひとり大号泣してしまいました。

(でも泣いたらすっきりしたので、もういいのですが……)

 

どんな「思考実験」をしたかと言うと

母に

「実は今、適応障害で休職しているんだ。

お母さんからは『仕事を辞めたら子供もできるよ。仕事辞めなさい。』って

しつこく言われていたけど、仕事を休んで4か月経っても子供はできないし、

仕事も自信も失って、今すごく辛いよ。」

と言って、私の「不幸せ」をカミングアウトしたらどうなるかな?

と考えていたら

涙が止まらなくなりました。

 

こんなことを言ったら

母は絶対に悲しむと思います。

だから、これまで病気のことも休職のことも秘密にしてきました。

 

でも、

同居している姉夫婦に3人目の子供ができて

「幸せボケ」しているように見える母に対して

当てつけで、自分の「不幸せ」をカミングアウトしちゃおうかな、と

ふと、意地悪な気持ちが芽生えてしまったのです。

 

もしカミングアウトしたら、どんな反応をされるかな?と

ぼんやり一人で考えてしまいました。

そしたら

母が悲しむ様子が頭の中に浮かんできて

そして結局、自分が辛くなって号泣してしまいました。

 

何やっているんだろう……。

暇ってよくないですね……。

 

いや、泣いてすっきりしたので

もういいのですが…。

 

姉の出産予定日から逆算すると

ちょうど

伯母が亡くなった頃に、妊娠が発覚していたんだなーと分かりました。

 

今年の1月の伯母のお葬式の時に

なぜか

姪の私が一番落ち込んでいて

なぜか

姪の私だけ泣きはらしていてました。

 

伯母の両親(私の祖父母)も、伯母の弟(私の父)も、私の母も姉も

あんまり悲しんでいるようには見えず

一番近い血縁の人たちほど

お葬式でも子守りをしながら、楽しそうに笑いあったりしていて、

正直、私はその様子を見て、悲しさが倍増していました。

 

でも実はその頃、姉の妊娠が発覚していて、

みんな幸せ一杯の気持ちだったのかな……

と勝手に想像して

今更になって、さらに落ち込んでいます。

 

そんな事を思い出したら

母が「幸せボケ」しているように思えてきて

ちょっとイライラしてしまいました。

 

八つ当たりで

母を悲しませるために

自分の「不幸せ」をカミングアウトしても

自分が悲しいだけなのに……。

ムダな事を考えてしましました。

 

 

もっと、楽しいことに意識を集中させなきゃダメですね…。